Top >  おたふく風邪のイロイロ >  ムンプスウィルス不顕性感染

ムンプスウィルス不顕性感染

おたふく風邪は流行する病気

として有名ですよね。


感染原因をみても流行するのは

当たり前と思ってしまいます。


でもムンプスウィルスの感染力は

比較的弱いってご存知でしたか?


今回のタイトルにある『不顕性感染』というのは、

ウィルスに感染しているのに

おたふく風邪の症状は発症しないとい感染なんです。


なんだか不思議ですよね;


この不思議な不顕性感染が

約30〜40%の確立であるんです。

特に女性や乳幼児に多いんですよ。


その為に、おたふく風邪に感染した覚えはないのに

おたふく風邪の免疫が

気付かないうちに出来ている場合もあります。


周囲でおたふく風邪が流行していても、

自分が感染している様子がないときは

不顕性感染の疑いが強いですね。


不顕性感染は自分には症状が出ませんが、

ウィルスは体内にいることになるので

周囲には普通のおたふく風邪同様に感染します;


特に不顕性感染は気にすることはありませんし、

むしろ気付かないことが多く免疫もできるので

ちょっとラッキーですね。

         

おたふく風邪のイロイロ

おたふく風邪の感染期間や感染原因などの基本的なものをまとめました
各カテゴリーを見ていただくと、おたふく風邪の真実が見えてきます!
病気の基本を知ることも大切ですよ☆

関連エントリー


おたふく風邪の期間は
おたふく風邪の診断ポイント
おたふく風邪の原因は
ムンプスウィルス不顕性感染
おたふく風邪に感染しやすい人




おたふく風邪の症状と治療法メールセミナー もしかして、おたふく風邪?に備え
おたふく風邪に関する悩みや疑問が解決できる【おたふく風邪講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録