Top >  おたふく風邪の治療方法 >  おたふく風邪の対症療法

おたふく風邪の対症療法

対症療法・・・?

って思われる方も多いと思います^^;


難しい言葉と感じますが、

症状に合わせた治療法

という意味なんです。


おたふく風邪の対症療法についてご説明しますね!!


おたふく風邪の症状は、

腫れ・痛み・発熱が主ですね。


おたふく風邪の元の原因のムンプスウィルスを

撃退できれば早い話ですが、

特効薬は現在開発されていないんです;


腫れ・痛み・発熱の症状を和らげる治療法が

おたふく風邪の対症療法となります。


対症療法なんて専門的な言い回しかもしれませんが、

結局のところは

症状を薬で和らげることを言っているんですよ。


腫れには冷湿布を使用したり

痛みには鎮痛剤を処方する場合もあります。

発熱がある場合には解熱剤を服用することもありますね。


薬以外だと、

安静が対症療法には当てはまりますね。

         

おたふく風邪の治療方法

おたふく風邪の治療方法を掲載しました
病院からの治療(薬)の他にも、
家庭での看護の注意点・妊娠中の場合を取り上げてまとめました☆

関連エントリー


おたふく風邪の対症療法
おたふく風邪看病時の注意
妊娠中のおたふく風邪




おたふく風邪の症状と治療法メールセミナー もしかして、おたふく風邪?に備え
おたふく風邪に関する悩みや疑問が解決できる【おたふく風邪講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録