Top >  おたふく風邪の治療方法 >  おたふく風邪看病時の注意

おたふく風邪看病時の注意

家庭でおたふく風邪に感染した子どもを

看護するのは親の努めですよね。


でも親といっても

お医者さんでも看護師でもないし不安。。。

と思ってしまうことってありますよね;


そう思ってしまうことが自然なことなんですが、

不安ばかりで気が気じゃないですよね。。


そこで、看護する時の

注意点を知るお手伝いをしたいと思います!!


まず痛みがある場合は、

冷湿布を腫れている部位に貼ってあげましょう。

薬局で売っている冷湿布でも効果は有りますよ。


発熱のある場合には、

脱水症状を起こさないように

水分をこまめに与えてあげてくださいね。


おたふく風邪で一番つらいのは、

飲み込みの時に痛みがあることです;

腫れる部位が飲み込みの際に一番使うところなので・・・


その為、食事は細かく砕いたものや

柔らかいものをメインにしてくださいね。


厳禁なのは酸味がある物です!!


酸っぱいものを食べると

唾が出てくる感覚分かりますか?


おたふく風邪は唾が出ると

腫れが刺激されて痛みが増します;


アイスクリーム・プリン・ヨーグルトなどは、

飲み込みやすく食べやすいのでお勧めです。

         

おたふく風邪の治療方法

おたふく風邪の治療方法を掲載しました
病院からの治療(薬)の他にも、
家庭での看護の注意点・妊娠中の場合を取り上げてまとめました☆

関連エントリー


おたふく風邪の対症療法
おたふく風邪看病時の注意
妊娠中のおたふく風邪




おたふく風邪の症状と治療法メールセミナー もしかして、おたふく風邪?に備え
おたふく風邪に関する悩みや疑問が解決できる【おたふく風邪講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録