Top >  おたふく風邪の予防方法 >  三種混合と二種混合の違い

三種混合と二種混合の違い

おたふく風邪のワクチンに

MMRとMRってご存知でしたか?


といっても現在使用されているのは

MRワクチンのみですが。。


ここではMMRとMRの

昔と現在を踏まえて

ご説明しますね。


現在は使用されていないMMRですが、

麻疹・風疹・おたふく風邪の

三種混合ワクチンのことをさします。


1988年〜1993年まで

接種されていました。


しかしMMRを接種することによって

無菌性髄膜炎の発症・死亡例が

確認されたために廃止されました。


おたふく風邪予防のムンプスワクチンが

原因と考えられたようですね。


現在はMRという二種のワクチンで

2006年から接種が可能になったんですよ。


MRは麻疹・風疹の二種です。

おたふく風邪は混合ワクチンから外され、

現在おたふく風邪は単独ワクチンになっています。


MRになったことで、

無菌性髄膜炎の発症例もなくなり

安全とされています。

         

おたふく風邪の予防方法

おたふく風邪の予防方法であるワクチン接種についてを
詳しく掲載しました☆
自分の予防だけでなく周囲への気配りの注意点も掲載していますよ!

関連エントリー


おたふく風邪のワクチン接種
三種混合と二種混合の違い
おたふく風邪に感染したら
おたふく風邪の抗体検査




おたふく風邪の症状と治療法メールセミナー もしかして、おたふく風邪?に備え
おたふく風邪に関する悩みや疑問が解決できる【おたふく風邪講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録