Top >  おたふく風邪の合併症 >  ウィルス性(無菌性)髄膜炎

ウィルス性(無菌性)髄膜炎

おたふく風邪は

合併症が怖いと

よく聞きますよね。


おたふく風邪自体の症状も

辛いんですが、

合併症も起こりやすい病気なんですよ;


ウィルス性髄膜炎は

おたふく風邪の合併症の中でも

最も多い合併症で知られているんです。


ウィルス性髄膜炎の症状も知って、

身近におたふく風邪が流行し始めたら

合併症にも気をつけられるようにしましょうね。


ウィルス性髄膜炎は症状の出ないごく軽いものを含めると、

おたふく風邪患者の約半数はかかっている

といわれる合併症です。


ウィルス性髄膜炎の症状は

頭痛・発熱・嘔吐です。


特に効果的な治療法はなく、

薬を服用して安静にしていれば

2週間ほどで治るものです。


髄膜炎と聞くと怖い病気ととらえがちですが、

おたふく風邪の合併症のウィルス性であれば

重篤になるまでに至ることはまずありません。


細菌性の髄膜炎となると

後遺症が残ることがありますが、

ウィルス性髄膜炎は心配いりませんね。


おたふく風邪のムンプスウィルスが

原因の髄膜炎なので。。


しかし、おたふく風邪に感染していたからといって

必ずしもウィルス性髄膜炎であるとは限りません。


細菌性の髄膜炎であることも考えられますので、

病院できちんと検査をしてもらいましょうね。

         

おたふく風邪の合併症

おたふく風邪には重篤な合併症がつきものと思われている方のために
各合併症に分けてご説明しました
合併症の真実を知って不安を取り除きましょうね☆

関連エントリー


ウィルス性(無菌性)髄膜炎
聴力障害とは
卵巣炎とは
睾丸炎とは




おたふく風邪の症状と治療法メールセミナー もしかして、おたふく風邪?に備え
おたふく風邪に関する悩みや疑問が解決できる【おたふく風邪講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録