Top >  おたふく風邪の合併症 >  聴力障害とは

聴力障害とは

おたふく風邪と聴力の関係ってあるの?

と疑いたくなりますよね;


でも耳下腺が腫れることもあり

聴力にも関係してくるんです。


合併症がたくさんあって

嫌な病気ですよね。。。


聴力障害の場合は

合併率が低く

1万人に2〜3人の割合です。


大人の自分自身が感染しているのなら、

注意してみることもできますが

子どもで聴力障害となると気付きにくいことが多いんです;


多くはおたふく風邪に感染した

1週間以内に

片側の耳に発症します。


両耳であれば気づきやすいのですが、

片耳となると聞こえることは聞こえているので

子ども自身では気づきにくいんです。


そのぶん大人が

気づいてあげなくてはいけませんよね。


聴力障害はただ耳が聞こえなくなるだけでなく、

突然のめまいや嘔吐、

ふらつき、耳鳴りの症状があります。


めまいや嘔吐、ふらつきは

周りにいる大人でも

気づいてあげることができますよね。


難治性の聴力障害まで進んでしまうと、

回復が見込めなくなるため

早めに気づくことが重要になりますね。

         

おたふく風邪の合併症

おたふく風邪には重篤な合併症がつきものと思われている方のために
各合併症に分けてご説明しました
合併症の真実を知って不安を取り除きましょうね☆

関連エントリー


ウィルス性(無菌性)髄膜炎
聴力障害とは
卵巣炎とは
睾丸炎とは




おたふく風邪の症状と治療法メールセミナー もしかして、おたふく風邪?に備え
おたふく風邪に関する悩みや疑問が解決できる【おたふく風邪講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録